海外引越し 船便

海外引越し 時間はかかるが安価な「船便」

海外へ荷物を輸送する時、どんな方法を使いますか?
船、飛行機、鉄道?日本国内から海外への場合、海を越えないといけないので鉄道は不可能ですね。

 

一度にたくさんの荷物を輸送が可能で、輸送コストを大幅に削減できるのが船便のメリットです。
ただ、船便は輸送にかかる日数が航空便に比べるとかなり多いので、急いで海外へ引越しを希望している人は船便の利用は控えた方がいいでしょう。

 

航空機で運べないのに船便では運べる荷物があるので、海外に運ぶ荷物の内容品も事前にしっかりと確認をしておかないといけません。
航空便と船便を使い分けて荷物を別々に運んで海外引越し費用を削減する良い方法かもしれません。

 

>>>船便を使って低コストで海外引越しができる引越し業者を探す

海外引越し 船便で到着までにかかる時間

 

海外引越しの荷物到着までにかかる時間はとても気になるものです。
海路や船舶の状況などにより変わってきますが、国別におおよその所要日数を表にしてみました。

 

引越し業者

引越し先

所要日数

ヤマトロジスティクス

アジア地域

約20〜30日

北米地域

約30〜50日

ヨーロッパ地域

約40〜50日

日本通運

アジア地域

約20〜40日

北米地域

約30〜60日

ヨーロッパ地域

約45〜75日

サカイ引越しセンター

アジア地域

約20〜30日

北米地域

約30〜50日

ヨーロッパ地域

約40〜50日

ジャパンラゲージエクスプレス

アメリカ・カナダ西海岸

約20〜30日

北米内陸または東海岸各都市

約35〜55日

オーストラリア・ニュージーランド

約30〜45日

 

必要な書類がすべてそろっていた場合で特に通関上遅れもなく、船のスケジュールにも問題がない場合のおおよその目安です。

 

海外引越し 船便でのトラブルを避ける為に

 

海外引越しの荷物を運ぶ時に一番気を付けないといけない事は、荷物の紛失や破損です。
海外への輸送は時間がかかればかかるほど、紛失・破損などトラブル発生率が上がります。
よって、輸送完了まで日数のかかる船便は荷物トラブルが多い方です。

 

海外へ引越しをしたが、生活に必要なにもつが紛失・破損してしまい大変!
こんな事になっても困らないよう、大切な荷物には必ず保険をかけておきましょう。

 

海外引越し可能なほとんどの業者では、引越しプランに含まれていたりオプションで保険を付加できます。
引越し業者によっては補償金額が大きく違うところもあるので、見積もりの時に必ず確認をしてください。

 

>>海外引越しでも補償のある引越し業者から見積もりを取る<<