海外引越し 持っていけない物

海外引越し これは持っていけません!各国共通取り扱い禁止品目とは?

海外への引越しで持ち出しが禁止されているものがあります。
どの国に引越しする場合でも絶対に持って行ってはいけませんので、荷物の中に入っていたらすぐに除いておいてください。

各国共通取り扱い禁止品目

文書・書類

ポルノ・政治的煽動文章

動・植物

肉類・野菜・種子・乳製品・肉及び魚の加工品

貴重品

現金・有価証券・株券・手形・貴金属・古美術品・価格評価が困難なもの

危険品

エアーゾール式スプレー・花火・鉄砲刀剣・引火性物質・マッチ・ライター
 ライター用ガスボンベ・発火物等

化学品

毒物・劇物・麻薬

食品

肉類・肉製品・野菜・種子・乳製品

その他

ワシントン条約において取引の禁止されている絶滅の恐れのある野生の動植物を材料(皮、毛皮、角、骨、象牙等)とした加工品、土(他にものに付着したものを含む)、わら製品(ゴザ等)、大量の薬品法令等により必要な輸出証明書、承認書がないと送れない品物

その他、国によって送ることができない物あるので、その都度必ず確認を!
※現在アメリカ向け荷物に食品を入れることは禁止されています。

 

海外引越し 日本からの航空便で出せないもの

海外引越しで飛行機を使って荷物を輸送しようと思っている人は注意してください。
「航空危険物」と呼ばれていて、各航空会社が航空機への積み込みを禁止しているものがあります。

 

航空危険物

火薬類

花火、クラッカー、弾薬など

高圧ガス

ガスボンベ、スプレー缶、ライター用補充ガスなど

引火性液体

オイルライター、ペイント用ペンキ、アルコールなど

可燃性物質

マッチ、炭など

酸化性物質類

小型酸素発生器、過酸化物、漂白剤など

毒物類

殺虫剤、農薬、水銀化合物、バクテリアなど

放射線物質

腐食性物質類

液体バッテリー、水銀、塩酸など

その他の有害物件

磁石、エンジン、リチウム電池、ドライアイスなど

 

この中でも無意識のうちに使っているのが「リチウム電池」です。
このリチウム電池にも種類があって、リチウムメタル電池(一次電池)と、リチウムイオン電池(二次電池) があり種類によっては審査の上特殊な梱包方法で海外輸送が可能な場合があります。

 

また、リチウム電池が機器に組み込まれている場合や機器と同梱されている場合などで輸送方法が異る為、海外引越し見積り時に必ず引越し業者へ詳細を確認しないといけません。

 

海外から日本に帰ってくる時の輸入禁止品目

 

海外勤務も終わったから、やっと日本に帰れる!さて日本の友達へのお土産は何にしようかな?
と浮かれ気分になるのはわかりますが、ここでも気を付けないといけない事があります。

 

それは日本へ持ち入れる事が出来ない品目があるという事です。
せっかく購入したお土産を現地で捨てる羽目になる前に、しっかりと確認をしておきましょう。

  • あへん、コカイン、ヘロインなどの麻薬、大麻、覚せい剤、向精神薬
  • 偽造・変造・模造された通貨や証券
  • けん銃などの銃砲、鉄砲弾
  • わいせつ雑誌、ビデオテープなど
  • ブランド商品などの知的財産権を侵害する物品
  • 家畜伝染病予防法と植物防疫法で定める動物とその動物を原料とする製品、植物とその包装物

もしかしたら知らず知らずの内に鞄に、荷物に入っていたりしませんか?
一大事になってしまう前に、輸入禁止品は必ず処分してから帰国しましょうね。

 

もっと具体的にどんな品目が日本への輸入禁止品なのかを知りたい場合は、海外引越し業者へ相談をしてみるといいでしょう。
海外引越し業者はその道のプロです。
場数も踏んでいるので的確に素早く質問に答えてくれるでしょう。

 

>>気軽に相談できる海外引越し業者を探すならコチラ<<