海外引越し SAL便

「SAL便」って何の事?料金が安いって本当?

「SAL」とは、Surface Air Lifted の略で「国際郵便のエコノミー航空便」という意味です。

 

国際間は航空輸送で日本国内と到着国内では船便扱いとすることで、船便より速く、航空便より安い郵便サービスのひとつです。
航空便の2〜3倍程くらいの輸送日数がかかりますが、船便よりも早いので使い勝手は良いです。

 

海外引越しが無事完了したけど、ちょっとした小物を実家から運び忘れた!という時など今すぐ必要じゃないけど到着が遅すぎると少し困るというものを送るのに最適な国際便ですね。

 

SAL便を使う注意点として国際小包扱いで出荷すれば荷物の追跡は可能ですが、小形包装物の扱いで出荷した場合は追跡すら不可能なので、自分に必要なオプションはしっかりと確認して利用しましょう。

 

海外引越しで気になるSAL便の輸送料金

 

海外引越しの荷物輸送手段として「SAL便」の取り扱いがある引越し業者の一つが
【ジャパンラゲージエクスプレス】です。

 

1kgあたりの料金体系となっているので、荷物の重ささえわかれば海外引越し料金がわかって便利ですね。
どの地域にどれくらいの料金でSAL便輸送ができるか表にしてみたので参考にしてください。

 

輸送地域

料金(1kgあたり)

具体的な国名

ヨーロッパ

(最低重量150キロ)

500円〜600円

アムステルダム、アテネ、バルセロナ、バーゼル、ベルファスト、ベルグラード、バーミンガム、ブリストル、ブリュッセル、ブカレスト、ケルン、コペンハーゲン、ダブリン、デュッセルドルフ、フランクフルト、ジュネーブ、グラスゴ、ハンブルグ、ハノーバー、ロンドン、リオン、マドリード、マンチェスター、マルセイユ 、ミュンヘン、ミラノ、オスロ、プラハ、パリ、ローマ、シャノン、ソフィア、ウィーン、ワルシャワ、チューリッヒ など

南アメリカ

中央アメリカ

(最低重量100キロ)

650円〜800円

ボゴタ、ブエノスアイレス、ドミニカ、リマ、メキシコシティー、リオデジャネイロ、サンチャゴ、サンパウロ など

 

※上記の料金は1キロあたりの料金(各空港まで)です。
※燃油サーチャージ、セキュリティーサーチャージが別途発生します。

 

>>他にもSAL便を使って海外引越しができる業者が無いか調べる<<